夏期講習受付中!

 夏期講習というと、とりあえず行かせておかないと…とお考えの保護者の方も多いはず。大切なお子様をお預けするのですから、塾には1人ひとりに合わせた授業をしてほしいはず。

広徳館はそのような要望にお応えするために、作った塾です。

 

 ただ単に授業数を増やすだけで、本当にその子が自分から学ぶ習慣を身に付けられるでしょうか。

 

 広徳館は塾以外の時間の使い方、課題の進め方、進路などなど、応えています。夏休みは学校の自由研究のテーマの相談から、私立大学の入試、AO,推薦入試対策まで幅広く応えます。他の塾では無駄な業務と切り捨てられる事を広徳館では進んでしています。講師にもそのように指導しています。

 結果、生徒だけでなく、講師も基本的に辞める方が少ないです。基本的には高校受験、大学受験までいらっしゃる方がほとんどです。講師にも長く続けてもらえるので、進級、進学の際も知った講師がいるので安心です。

運営に当たるものとして、生徒と教室の信頼の形成に主眼を置いています。

 

 期末テスト、理科、社会が苦手だった生徒にテスト対策として2回授業を行いました。勉強の仕方が分かっていなかったので、まずは1か月半前にテストまでの時間の使い方とテスト対策授業までにしておくことを決めました。結果、点数は2倍まで伸びました。まだ伸びしろはあります。伸ばしてみせます。中学2年生の生徒でしたので、内申が2学期から入ってきます。1学期で成績を伸ばしておくことで、2学期の弾みになります。1学期で評定が2段階上がることは難しいですが、1学期で2→3、2学期で3→4にすることはできます。その生徒の立場に立って、徹底して習慣を身に付けさせる。それまでに厳しい言葉を投げかけることもあります。ただその生徒の為になると思えば、その子の為には何でもやってます。

 

 私にはそのような志を持つきっかけになった生徒、講師との出会いがあります。中学3年生から受け持ったその生徒、中学2年の間は学校に行っておらず、受験生としては難しい状況にありました。夏は毎日自習に来ること、その際にも無理せず一つずつこなしていくことを決めました。私も可能な限り自習の生徒への対応を行いました。結果受験までに点数は2倍以上。130を超えました。当日の様子や、内申などもあり、残念ながら高校受験は不合格になってしまったのですが、高校に行ってからもその生徒はほぼ毎日自習に来ていました。その間様々な進路相談や勉強の仕方の相談に乗りました。上位をキープし、大学受験では国立大学に合格しました。とここで普通の塾なら終わるのですが、しつこい私は大学の課題などの相談に乗ったりしています。昨年は私の母校のビジネスプランコンテストに出場し、見事代表として選ばれ、アメリカで自分たちのビジネスプランの発表を行うまでになりました。

 勿論、私がしたことはあくまでアドバイス、アプローチの仕方を提案するのみ、あとはこの生徒が自分で考え、自分で行動する力を着けていったことがこのような結果につながったのです。そのような生徒を一人でも多く送り出したい。そして、広徳館がそれらの生徒のいつでも帰ってこられる家となりたいと考えています。

 

 広徳館からは工業高校、商業高校、デザイン学科などへ進学する生徒もいます。その子達も折を見て遊びに来たり、進路相談に来たりしています。そんな場所をこれからも目指します。

 

 

 本当に必要な学習を必要な人たちにお届けします。そしてあらゆる社会問題の発見とその解決に様々な角度からアプローチできる力を養成し、未来社会に貢献できる人材を育成する。という理念を忘れずにこれからも生徒と向き合っていきます。

 

 これから塾を探す方、今の塾のやり方がどうも合わない方、疑問を持っている方、どなたでも結構です。

 いつでも歓迎します。

 

 チラシを見た方もそうでない方も、気軽にお電話を

 076-471-5227

 

 もしくはフォームからお問い合わせください。

 

夏期講習受け付け開始しました。

 

受験生にとっては勝負の夏。集中を切らさず、自分の目標に向かって一緒に邁進しましょう!!

 

今年は8月授業料半額キャンペーン実施中!!

席に限りがありますので、お申し込みはお早めに!

 

 

がんばる人、応援します!

お問合せは今すぐ

076-471-5227

またはこちらから(24時間受付中)

 

下剋上!!(2017年4月17日)

 

 東京大学運動会硬式野球部の2017年のスローガンです。東大野球部といえば、慶應義塾早稲田明治、法政立教と共に東京六大学野球連盟に所属する唯一の国立大学の野球チームです。

 他の私立大学がスポーツ推薦や、指定校推薦で良い選手を獲得する中で、最難関の一般入試を突破してきた者のみで構成される東大野球部はどうしても戦力が見劣りします。一方は甲子園のヒーロー達が多数在籍するチーム、一方は硬式野球未経験者もいるチーム。どちらが強いかは野球を観ない方にも簡単に想像がつくと思います。

 実際、平成9年の秋季リーグ戦で5位になって以来、38シーズン連続最下位、2010年から2015年までは94連敗をしてしまうなど、成績はよろしくありません。

 しかし東大野球部はあきらめません。大学入学当初は、圧倒的な経験、技術の差があるにも関わらず、3年間の練習で、差を大分縮めるまでくるんです!以前は大量の点差で敗れることも多かったのですが、最近では惜しいところまではきているんです。選手の集め方、練習方法…この話は長くなるので割愛。

 腐らずに最後まであきらめない姿勢は東大とも野球部とも関係のない私も感動しました。自分の大学の応援に行ったはずの15,16日の東大戦。16日の後半はエース宮台君の登板にハラハラ、ドキドキしながら見入ってしまいました。まずい守備も少しありましたが、これからの練習で必ず良くなっていくものと思います。

 3年間の練習で拮抗できるまで、成長するんですよ!人って。東大生だから勉強だけとかじゃないんです。やはり、勝つ!勝ち点を挙げる!優勝する!という強い思いで、目標を持って、最後まであきらめないで、今の自分に必要な事を、随時確認しながら、有効に時間を使いながら、成長していく!今年新しく中学、高校、大学に入ったみなさん、受験を経て、合格して終わりじゃありません。新たな目標を設定し(それが大き過ぎるものでもいいんです!)、具体的に自分のやる事、やるべき事を実行していけば、必ず結果はついてきます。そしてそれを見ている周りの人は応援しますよ!だからね、最後まであきらめずに、全力を尽くしましょうよ!がんばりましょうよ!そして笑いましょうよ!その経験はきっとあなたの人生の財産になりますよ!

 


おしらせ

4月29日~5月7日までお休みです。5月8日14:30より再開します。中間テスト期間は土日も開放します!!質問、自習大歓迎!やりたいものは全部持ってきて!!

 

今年の広徳館はちょっと違う。もっともっと徹底的に皆さんの今と将来に寄り添います!

そして以下の事を行います。

 

志望校選択から大学入学までを徹底サポート

②ゲスト講師を招いたキャリア教育の実施

③受講教科以外の学習管理も実施

 

 

 

 ぜひ一度お問い合わせください。

 


広徳館は、個別形態による指導を通し、一人ひとりの夢や目標を実現可能にする最適な学習方法をご提案します。

 

一般入試だけに特化せず、普段の学習、資格取得、部活動、文化活動への支援を行い、推薦・AO入試にも対応した指導を行います。

 幅広い選択肢の中から進学をサポートします!

 

 学習相談、無料体験授業など随時受け付けております。

 

お問い合わせは下記電話番号もしくはお問い合わせフォームから

 

076-471-5227

 平日:14:30~21:30

 土曜:14:30~20:00(不定休)

※日曜日はお休みです。